当ページは明治の探検家:郡司 成忠(ぐんじ しげただ)について解説しているサイトです。

◆更新情報◆

◆Blogはこちら◆

<成忠の曾孫によるBlogはここをクリック!>

明治の探検家:郡司成忠(1860〜1924)

北千島の探検・開拓に身命を賭した軍人。幸田露伴の実兄。
明治半ば、対露北海警備の必要性を感じ、自ら海軍大尉を退役して開拓団「報效義会」を組織する。
しかし、当時の政府、海軍の理解が得られず、やむなく手漕ぎボートで1893年占守島へ向かう。
これが北千島開拓の始まりとなり、成忠は北洋開拓の先駆者と呼ばれた。

郡司成忠略歴
西暦 和暦 年齢 主な出来事
1860 万延元年   幕臣幸田成延の次男として誕生。のち郡司家を継ぐ。
弟に作家の幸田露伴、文学博士の幸田成友、妹に音楽家の幸田延、安藤幸がいる。
(詳細は親族の項目参照)
1872 明治5年 13歳 海軍兵学寮入寮。
1878 明治11年 19歳 軍艦「金剛」にてウラジオストクへ航海。
1879 明治12年 20歳 海軍少尉補に任官、軍艦「筑波」にて北米バンクーバーへ航海。
1882 明治15年 23歳 海軍中尉に任官、軍艦「摂津」に乗り込む。
1885 明治18年 26歳 海軍大尉に任官、「摂津」の分隊長兼兵学校監事となる。
1888 明治21年 29歳 海軍大学校入学
1890 明治23年 31歳 水雷長として軍艦「高千穂」に乗り込む。
1893 明治26年 34歳 北方警備の重要性とその開発を企図して海軍大尉の現職を去り、報效義会を設立。
3月20日隅田川を出発、8月31日北千島占守島に上陸。
1894 明治27年 35歳 日清戦争勃発。佐世保鎮守府海兵団の召集を受け、水雷敷設隊分隊長として大連湾に出征。
1896 明治29年 37歳 ふたたび占守島に上陸。島の農業、近海の漁業開発に努力。
1904 明治37年 45歳 日露戦争勃発。カムチャツカに上陸するがロシアの官警に捕えられる。
戦後帰国して義勇艦隊を組織、海事・国防思想の普及に努める。
1909 明治42年 50歳 露領沿海州水産組合が組織され、推されて組合長に就任。
1914 大正3年 55歳 第一次世界大戦始まる。政府の特殊任務をもってシベリアに赴く。
1920 大正9年 61歳 シベリアから帰国
1924 大正13年 65歳 8月15日死去。特旨により従六位を贈られる。
管理者について

このHPは郡司成忠の曾孫が運営、管理しています。
内容に関するお問い合わせ、ご助言は以下のアドレスにお願いします。
なお、ここで使用している写真はすべて郡司家所蔵のものです。
無断転写は固くお断りします。

gunji.kanri@gmail.com
(@を半角に変えてください)

◆このページの先頭に戻る◆